WordPress(ワードプレス) 記事を作る前に最低限やっておくべき設定!

WordPress(ワードプレス) 記事を作る前に最低限やっておくべき設定!

後からでも設定できるようですが、忘れてしまったら「ちょっとじゃすまされないかもしれない」ので早めにやっておきましょう。

ワードプレスにログインします。

設定からアドレスに「s」をつける

ワードプレスのダッシュボードの管理画面の「設定」から「一般」を選び下の画面のアドレス(URL)のところに「s」をつけたします。

サーバーとかでSSL化したのでここに「s」をつけて暗号化してますよと知らせるため。

「サイトのタイトル」は最初に決めたものからあまり変更しない方がいいで、よく考えてつけましょう。
「キャッチフレーズ」はなければそのままで、使用するテンプレートによってはSEO上好ましくない設定になる場合があるそうです、ない場合は空欄が無難です。

SSL化は1時間程度かかるそうなので「無効なURLです」と出ても失敗ではないそうです。

SSL化したので自分のサイトのURLに鍵のマークとhttps://となっていることを確認しましょう。

.htaccess編集

検索で間違ってhttp://から始まるURLを入力しても、正しくhttps://のURLに飛ばしてくれる設定をします。

URLを入力してサイトにくることはあまりないとは思いますが一通り解説しておきます。

これは文書をコピペでやれば上手くいきました。

エックスサーバーのサーバーパネルにログインします「.htaccess編集」をクリック

ドメイン選択画面になりますので使う方のドメインの右側の「選択する」をクリック下の画面になりますので「編集」の方をクリック

下の画面が出てきます、下の画面はコピペした後の画面です、前からある文字の間に一行開けて下の画面のように張り付けてください。

最初に出た内容はコピーしておくか記録しておく事をお勧めします、失敗してもやり直しができるように

下の文字列が挿入するものです。

挿入が終わったら右下の確認画面から確定へ進んで終了です。

パーマリンクを設定する

パーマリンクは記事のURLを機械に勝手に決めてもらうのか自分で決めるのかの違いです、上の画面のカスタム以外は自動で「こんな感じに入れますよ」というやつです。

自分で決める利点は記事の内容に沿ったものを付けられるという点です。

ダッシュボードの「設定」から「パーマリンク」をクリック
「カスタム構造」にチェックを入れて白い部分に〔/%postname%〕と入れて下さい。
文字の最後に「/」が入ると設定できませんでしたので注意して下さい。

ごちゃごちゃ入っているのは消しても大丈夫

パーマリンクをカスタム構成にするのは作った記事が何なのかURLを見たらだいたい自分で見当がつくようにする、自動で着いた奴は分かりにくいから。

パーマリンクは記事を書いて自分で保存するか自動保存されないと変更できません。

右の画面は記事を作成して保存された後に出てきたもので記事のタイトルがそのまま反映され日本語のURLになっています。

日本語の表示はURLではそのまま表示されず変換されて長くなります、それでパーマリンク下のURLの欄をクリックし英数字で記事の内容に合うようなものに変える

変更すれば下のプレビューが変わりますので確認できます。

最低限やっておくべき設定まとめ

これだけは最低限設定しておいた方がいいものを書きました。

せっかくサイトを運営するのであれば安全に自分がやりやすいようにしたいですね、めんどくさい事は早めにやってしまってゆっくり記事を書きましょう。

サイトができたら「アナリティクスとサーチコンソールの設定」をしましょう、これはGoogleが提供している無料のツールでサイトの分析をしてくれます。

今は分からなくても、サイトを長期間運営するのであれば設定しておきましょう。

SSL化してURLの前に鍵マークが出てきても安心はできません、画像やリンクしたURLなどにhttps://ではなくhttp://が含まれていたら鍵マークにならない時がありますそんな時は「【SSL】暗号化したのに鍵マークにならない時の対処法」を参考にして下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事