マイルドセブンの丘

通常は、投資信託などの金融商品から得られた利益には税金がかかります。

約20%も引かれます、勿体ないと思いませんか。

NISA口座で運用すれば投資信託を売却して得た利益や受け取った配当金なども税金がかからず非課税になります。

NISAとはどんなもの

NISAとは、2014年にスタートした非課税制度で、個人投資家のための税制優遇制度です、株式・投資信託等の配当金・譲渡益等が非課税対象になります。

通常、株式や投資信託などの金融商品に投資した場合に、これらを売却して得た利益や配当に対して約20%の税金がかかります。

NISAは「NISA口座(非課税口座)」内で毎年120万円の範囲以内で購入した金融商品から得られた利益や譲渡益が非課税になります。

このNISAはイギリスのISA(Individual Savings Account)個人貯蓄口座をモデルに日本版ISAとしてNipponを付けてNISAという愛称がつきました。

NISAを利用できる人

NISAを利用できる条件は、日本に住んでいる20歳以上の者(0歳~19歳までの者はジュニアNISA口座を利用できる)

口座開設可能数は一人1口座(NISA口座を開設する金融機関は1年単位で変更可能)

NISAのポイント

非課税投資枠が1年毎に設定120万円まで投資できる

このNISAは、非課税投資枠が1年毎に設定され、毎年120万円まで投資できます、1年の間であれば、一度に上限の120万円を投資することも、限度額内であれば分割して投資することもできます。

売却等をした非課税枠の再利用はできない

何時でも払出し・売却が可能ですが、払出しや売却した分に対応する非課税枠は利用できない。

120万円の枠の中の20万円分を売却して、売却分の20万円分で別の商品を購入は出来ない、一度使った非課税の枠は使えない。

5年間の非課税期間が終了したら

5年間の非課税期間が終了したら
①翌年の非課税投資枠に移す(ロールオーバー(運用期間が2023年まで))
②課税口座に移す
③売却する
以上の事を選択することができる。

課税口座に移す場合

非課税期間が終了した金融商品の場合、同金融機関に「特定口座」が開設されている場合には、特段の手続きをせずに当該特定口座に移管されます(一般口座に移管することも可※別途の届出により)

非課税期間終了後に課税口座に移した場合、保有資産の価格の上下が売却時に支払う税金に差が出る。

非課税期間終了後に課税口座に移す時の注意点

非課税期間終了時に資産の価格が値上がりした場合

購入時100万の商品が5年の非課税期間終了時には120万円に値上がりしました、課税口座に移管されるときには取得価格は120万円に変更されます。

移管後に、150万円にまた値上がりして売却した場合  利益(150万-120万=30万)は30万に課税されます。
120万円から値下がりして売却した場合には利益がないので税金はかかりません。

非課税期間終了時に資産の価格が値下がりした場合

非課税終了時に保有資産の値が下がっていたら注意が必要です。

購入時に100万の商品が5年の非課税期間終了時には80万に値下がりしました、課税口座に移した場合、取得価格は80万に変更されます。

移管後に、100万に値上がりして売却した場合  利益(100万-80万=20万)は20万に課税されます。

NISAの使い方

積極的に利益を追求する

比較的高い値上がりを期待できる商品を運用する、値上がりが期待できる分リスクも高くなるので注意する

リスクを取って値上がり益を狙う金融商品

株式(国内株式、新興国株式等)

値上がり益が期待できる株式に投資する、国内成長株は大きく値上がりする可能性がある。
新興国株式は日本などの先進国の株式に比べると大きな収益が期待できる。

銘柄を自分で研究できる人向き!

投資信託(アクティブ型ファンド)

積極運用で高い値上がり益が期待できる。

投資の専門家であるファンドマネージャーが経済動向を見ながら運用してくれる。
相場平均よりも高いリターンが狙える。
保有期間中の運用コストが高くなる可能性がある。

リスクを抑えながら預貯金の代わりに

低リスクでコツコツ運用を目指す

投資信託 毎月一定額を積み立てる

少額から積み立てができる投資信託を利用する
積立金は記入期間指定の銀行口座や証券口座を利用して自動引き落としにする。
タイミングを分散して投資するので、投資する時期によるリスクを分散できる。

投資信託 バランス型ファンド

値動きの異なる複数の投資対象に分散投資することで一つの投資対象から生じるリスクを抑えられる効果が期待できる。
投資対象の異なる商品を自分で選んで組み合わせる必要がない。

NISA口座を開設してみよう

NISA口座の開設の流れ

① 金融機関に口座開設を申請
  申請書類の他、本人確認書類とマイナンバー確認書類が必要になります。

② NISA口座開設完了

③ NISA口座での取引が可能

税務署において二重口座でない事を確認する
※二重口座の場合はNISA口座で買い付け済みの商品を買付日に遡及して一般口座に移管されます。

つみたてNISA

つみたてNISAは、手数料が低水準、分配金が頻繁に支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されていて、投資初心者をはじめ利用しやすい仕組みになっています。

年間の積立枠はNISAは120万まで つみたてNISAは40万

NISAと大きく変わるところは、非課税期間が最長20年間で年間の枠は40万円までです、投資可能期間が2037年までで、37年に購入したものも20年間は非課税で保有できます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事