なるほど 閃き

【ブログの作り方】初心者にも超簡単にできるブログの作り方を解説

「ブログを作るのは難しいんじゃない」ブログを作ろうと思った時にそう思いませんでした。

でも、ブログを作るのは簡単です。

まずブログを作るにはWeb上で作成したデーターを保管しておく場所(サーバー)、その場所の住所(ドメイン)、作りやすい道具(ワードプレスなど)を仕入れて自分用に改造しやすいようにテーマを入れる。

なんのこっちゃ、分かり難いとお思いでしょうが大まかにいうとこんなもの。

ブログは無料でも始められますが「ある程度のHTML、CSS及びJava Scriptの知識と、分らない事を調べるための多くの時間が必要になる」「SEO対策上好ましくない」といろいろなブログで紹介されていたし、せっかくやるのであれば少しでも問題が生じないようにちゃんとしたところでやりたいと思いました。

そこで無料ではなく、無駄な時間を費やしたくなくて有料の方でブログを作ろうと思いました。

それではどの様な手順でブログを作るのかを説明します。

ブログを作るのに必要なもの

  • レンタルサーバーを決める
  • 独自ドメインの取得
  • Word Pressのインストール
  • テーマの導入

簡単なようで、でも分かりにくいので一つずつ説明します。

レンタルサーバーを決める

まず最初に、なぜサーバーを借りなければいけないのか?

先にも書きましたが、ブログを作った時そのデーターを保管しておく場所がサーバーです。Web上にデータを保管しておく場所を作ること、自分でサーバーを運営することは多額の費用と時間がかかり維持していくのはとても難しいのでサーバーの会社から場所を借ります。

レンタルサーバーは文字通り貸し出されるサーバー、レンタルできるサーバーという意味で Webサーバー会社のディスクスペースを借りることになるので費用がかかります。

以下に3社ほど比較で出しました。
ディスク容量を基準に、同程度のランクから料金を出してみました。

エックスサーバー
月額使用料900円
(3年契約の場合)
1年契約月額使用料1000円
初期費用3000円        
ディスク容量
200GB
ドメイン無制限
無料SSLあり
さくらレンタルサーバー
月額使用料1543円
プレミアムの場合
初期費用1029円
ディスク容量
200GB
ドメイン30個
無料SSLあり
ロリポップ
月額料金500円
スタンダードの場合
初期費用1500円
ディスク容量
150GB
ドメイン100個
無料SSLあり

サーバーの会社はいろいろあり料金も色々ありますが、ここは自分の使っているエックスサーバーについて説明します。

エックスサーバーの特徴として

  • サイト表示が圧倒的に早い
  • 安いプランでもサーバーが安定している
  • 容量がかなり大きいので安心
  • 独自SSLが無料で使える
  • サポート体制が充実している(メール・電話対応)

デメリットとして

  • 料金は他のサーバーより高い

しかし、料金が高いといってもべらぼーに高い訳でもなく、長くやっていこうと思えば最初の投資は必要かと思いますし、何と言っても使っている人が多いので困った場合も色んな記事が出ていて調べやすく、またサポート体制が充実しているのでエックスサーバーに決めました。

それにワードプレスも簡単にインストールできるという点もいいです。

なお「エックスサーバーの契約手順」についてはこちらの記事を参考にして下さい。

独自ドメインの取得 

まずドメインとは、記事にアクセスしたら画面の上のほうにhttp・httpsから始まるアルファベットの並びを眼にしたことはありませんか?

http://〇〇〇.comだとか〇〇〇.netだとか、この〇〇〇.com及び〇〇〇.netの部分がドメインです。

このドメインにも無料で利用できるサブドメイン(サブデェレクトリ)というのがあります、レンタルサーバーなどもで用意されているサービスです。

独自ドメインというのは取得費や年単位での更新料が発生します、では無料の方がお得に思えますがここで独自ドメインのメリットを少し紹介しておきます。

その1 同じURL(ドメイン)が別の会社に移行してもずっと使える。
無料のサブドメインはレンタルサーバー毎に用意されているので他の会社に移行すれば使っていたドメインは使用できない、ブログを運営できなくなる。また使用していたサービスが停止した場合も引き継げない。

その2 検索エンジン最適化(SEO)で有利となることが多い
Googleは上位ページには同じドメインでの表示は2コ以上表示させない仕組みになっていて内容が同じもので競合すればサブドメインは不利となる可能性がある。

しかし、独自ドメインは、運営するホームページやブランドなどに合った自分の好きな文字列を選択できるので、上位ページに表示される可能性は高い。

それにサブドメインはSEOのデメリットとして親のドメインを利用するほかのユーザーがペナルティを受けた場合、同じドメイン配下のサブドメインのユーザーもその影響を被ることがある。

ドメインは、インターネット上の住所となりますので世界で一つだけの存在になります、それはなぜかといいますと自分の家の住所がいくつもあったらどこに行けばいいのか分らず困りますよね。

それとドメインを作るのは早い者勝ちになるということ、他の人が使っているものは使用できません。

まず、「お名前.Com」にアクセスしたら下のような画面が出てきますので、希望の文字を入力し検索をクリック

すると下のような画面が出て、入力したドメインはどれなら使えますと出てきます。
この値段は1年毎の更新料で、今安くても更新後に高くなることもあるそうです。
検索は無料ですので何度でもできます。

他の会社でも同じような仕組みだと思います。
他に気になる会社があればそちらで検索してみて下さい。

どの項目がいいのか迷うときは「.com」にしておけば無難です。

ドメインは長く使うものだからよく考えて取りましょう、最初は無料のドメインを使いブログ作りに慣れたら独自ドメインを取るというのも一つの選択肢かもしれません。

取得したいドメインが決まったならばチェックを入れると料金が表示されます確認して問題なければ「料金確定」へ進みますが、これ以降は各種手続きに入りドメインを決めたら「サーバーに設定する事項」がありますので、ドメインについてはここで一旦区切りをつけさせてもらいます。

これ以降の説明は 「サーバーにドメインを設定する」 で説明します。

Word Pressのインソール

ワードプレスのインストールは「サーバーとドメインを設定」を終了してからインストールをする方がいいと思います。

私が何故ワードプレスをなぜ薦めるのか?
ただ単にエックスサーバーから簡単にインストールされるから   それでは薄情すぎますね

ワードプレスを薦めるのは、ブログを作成するためのソフトウェアで世界中で圧倒的なシェアを獲得(使う人が多いからその分情報を多い)しているブログソフトでプログラムのソースコードが一般に公開されるオープンソースだからWeb開発者は流行や変化に応じ次々に改良して我々も最新機能を選んで使用できる。

長所と短所を簡単に書くと

長 所
 ・プラグインで様々な機能を付け足すことができ、また自由度がある。
 ・SEO的に有利、Google検索におけるSEOに効果があるそうです。
 ・無料である。

短 所
 ・自由度が高いということは、自分でやらなければならないことが増える。

最初は分からない事が多く不安ですが、いろんな人が記事にしてくれているので調べやすかった。

色々な情報を確認し、いじっていくうちに機能に少しずつ慣れてきてブログも形になってきたのでワードプレスはお勧めできますね。

ワードプレスのインストールについてはエックスサーバーを契約したことを前提に進めます。

エックスサーバーから来たメールからサーバーアカウント情報のサーバーパネルのURLをクリック

サーバーパネルにログインして下の画像が出てきたら上の画像のサーバーIDとパスワードを入力

サーバーパネルの画面が出てきますので下の方にある「Word Press簡単インソール」をクリック

下のドメイン選定画面が出たら使用するドメイン名の右側にある「選択する」をクリック

下の画面が出たら、「Word Pressインストール」になっているのを確認して必要事項を入力します。メールアドレスは自分の使うアドレスを入力、その下の方に「キャッシュ自動削除」とデータベース「自動でデータベース生成する」どちらも[ON]になっていると思いますのでそのままでいいです。

入力が終了したら「確認画面」へ進み、内容に間違いがなければ「確定」 インストールが完了すると下の画面が出てログイン、編集時に必要な情報が表示されるので必ずメモ等に控えるようにして下さい。

これでインストールについては終わります。

テーマの導入

テーマの導入方法についてはwordpressテーマデェレクトリに登録されたものの説明をします。

Word Pressのダッシュボード画面左側の中ほどより下の「外観」の「テーマ」をクリック

テーマの画面になったら「新規追加」をクリック

テーマの追加の方法はいろいろあります、下の画像のように①、②、③の方法があります。

各方法については

①テーマのアップロード テーマのファイルを入手している場合はこちらから
②各項目から自分の好きなものを選ぶ
 注目、人気、最新、お気に入りなどの項目から選ぶ。
 特徴フィルターは、色やレイアウトや機能などの特徴を選んで探します。
③検索 テーマの名前が分かっている場合

以上の要領で探し、自分の使いたいテーマがあればそのテーマの「インストール」をクリック
右の画像はインストール済みのテーマです。

説明の画像が違って迷うと思いますが、画像を見ないでボタンだけを見るようにして下さい。

インストールが終わればテーマの画面にもどります。
そこで「有効化」のボタンをクリック  これをしないと使用できません。

有効化されると下の画像のように左側に「有効」の表示がされます、これで使用できるようになります。

なお下の画像は私が使っているDIVERの画面です。 画像が違って迷うところは勘弁して下さい、なおテーマの変更は下の画面の右側の「カスタマイズ」からもできますので色々試してみるのもいいと思います。

テーマの項目の最後に。

私はテーマに有料の「DIVER」を使用しています、使用方法についても豊富な記事とサポートもしかりしていてメールで24時間対応してくれているので安心して使用しています。

DIVERを使ってみたい方は「wordpress 有料テーマ「DIVER」とは?その設定方法」の記事を参考にして下さい。

ブログを簡単に作るには

私が使っているものを紹介しましたが、サーバーの会社やドメインの会社どちらも色々なものがあります。

私は自分で調べてこれだと思うものを使っていますし、それを紹介しました。

でも紹介したものは無料ではなく料金が発生します、自分で調べて納得のいくものを選んで下さい。

最終的には楽しく長くブログ作りができるようになるものが良いと思います。

色々と調べてサーバーを決め、ドメインを決めて、ワードプレスをインソールしてもそれだけではまだ終わりではありません、設定をしておかなければならないものがあります。

こちらの記事で「ワードプレス最低限やっておくべき設定」を説明します。

最後の私が初心者でもブログを続けていけるのも「マナブログ」や「マナブさんのTwitter」を見ているからですもしよかったらこちらも参考にして下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事