【Bing】検索エンジン ウェブマスターの登録方法

【Bing】検索エンジン ウエブマスターの登録方法

Bingウェブマスターの登録の方法は簡単です。

「Bing」検索エンジン登録の手順

登録の方法は、まず「Bing Web マスターツール」のサイトにアクセスします「検索」に「Bing登録」と入力し検索をすれば下のように出てきますのでアクセスします。

Bing web マスターツールの画面が出てきますので「サインイン」をクリック

自分が「サインイン(ログイン)」に都合がいいのを選んでクリックして下さい。

BingのWebマスターの画面になりますので画面中段の「サイトを追加」をクリック

サイトの追加の画面になりますので、URL、サイトマップのURLを入力します。


サイトマップを知りたい人は

こちら「サイトマップとは?」を参考にして下さい。

会社名はブログ名を、会社の規模は個人、役職は無ければ空欄でOK

国または地域を選択してください。

連絡先設定は好みで設定して下さい。

次はサイトの所有権の確認があります、オプションでやり方が三通り示されます。

私はオプション2の<meta>タグをコピーして設定のWebページに張り付けを選択しました。

設定コードをコピーして「ダイバー」オプションの基本設定の「アクセス解析」のアクセス解析タグに貼り付け「設定を変更」をクリックします。

ウェブマスター登録完了

下の画面になれば登録完了です。

今後アクセスの増加は十分考えられますが、すぐに増えることはありません。

Bing 検索エンジン ウエブマスター

Bingはマイクロソフト社が開発提供している検索エンジンで2009年に新しいサービスとして発表しています。

現在私たちが使う検索はグーグルやヤフーが約9割を占めていると言われていますが、最近は「Bing」を使う人も徐々に増えてきています。

パソコンを購入した人が検索する場合は最初からインストールされているブラウザを使用するのは普通でその標準ブラウザの規定の検索サイトが「Bing」になり、スマホでもiPhoneの「Siri」もBingを検索エンジンとして使っています。

スマホで5割のシェアを誇るiPhoneとパソコンでの標準装備のブラウザが検索エンジンに「Bing」を使用していることは、今後無視できなくなることは想像できます。

サイトマップのURLを送信しても検索エンジンがクロールするのには時間がかかります、さらにBingの検索のアルゴリズムによってサイトの評価が行われ順位が徐々に付き始めるため結果が出てくるのには時間がかかります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事