Googleアドセンスとは?趣味や知識を収入にできる仕組みが分かる

Googleアドセンスとは?趣味や知識を収入にできる仕組みが分かる

GoogleアドセンスはGoogleが提供するオンラインの収益システムのことです。

自分のブログなどに広告を載せて集客をして収入を得るものでアフィリエイトの一種ですが、一般的にアドセンスとアフィリエイトは別に呼ばれています。

アフィリエイト

成果報酬型広告でサイトのオナーがASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)に広告を出稿している広告主とそれぞれ提携しページに適した広告を自ら選んで張り付け、そのページから広告主のサイトへユーザーを送客し「購入等」のアクションをすれば成果が発生する仕組みになります。

アフィリエイトは成果発生までの段階が多く、途中でユーザーが購入等をやめた場合は送客しても成果はありません。

一般的なアフィリエイト広告の場合、広告主が撤退した場合今まで出していた広告がなくなる事がありますが、Googleアドセンスの場合はその時点で出稿している広告主の広告が自動で次々に表示されます。

アドセンス

クリック課金型広告と言われ広告を出したい企業などがGoogleアドセンスを通しサイトオーナーに配信します、サイトオーナーは自分のサイトに広告が表示され、それを見たユーザーが「広告」を「クリック」すると報酬が発生する仕組みです。

クリック課金型広告は運営サイト上のクリックがメインなのでユーザーが広告主のサイトで何もアクションを起こさなくても報酬が発生します。

サイトオーナーは読者に物を売り込む必要がなく「成果報酬型広告」と比べると収益までのハードルは低い

アドセンスの魅力と注意点

アドセンスの魅力を理解する

Googleアドセンスは一度サイトに広告タグを貼ると自動的に広告が表示されます、広告を選ぶ必要がありません、アドセンス側で判断され最適な広告が表示されます。

最近ではユーザーの興味や関心のある情報をGoogle側が判断してユーザーにマッチした広告を表示することができるようになっています。

自動で広告が表示されるためメンテナンスの手間がありません。

ブログを作ってそれで収入があれば凄い事だと思いませんか、いきなり多くの収入は出にくいかもしれませんが少しずつ増えていけばブログも作り甲斐があります。

自分の趣味や自分が持っている知識を使ってブログやWebサイトを作りアドセンスを導入し広告を貼ってそれが収入になる、毎日少額でも収入が発生する、この積み重ねが長い目で見れば大きな収益につながる。

それにブログなどを通じて知り合った同じ趣味の人との繋がりも大きな宝だと思います。

違反にならないように規約をしっかりと認識する

記事を書く上で気を付けて書いていきます、Googleアドセンス側からアカウントを停止されないように常に気を配りましょう、以下はアドセンスの禁止コンテンツを書いたものです、禁止事項に違反すると最悪アカウントを停止させられるので注意しましょう。

広告を配置する際に気を付ける事や自分で広告をクリックすることを禁止しています。

Googleアドセンスをブログに導入しよう

Googleアドセンスを始める前にアドセンスに登録しなければいけません。

アドセンスを利用するには登録をして2回の審査に通過する必要があります。

1 ブログを用意する。
 ブログを最初から作る人は「初心者にも超簡単にできるブログの作り方を解説します。」を参考に

2 Googleアドセンスのアカウントを取得する
 アドセンスを利用するためにはGoogleのアカウントが必要になります、Gmeilなどのアカウントを持っていればそれらを利用してアドセンスを利用できます。

3 Googleアドセンスに申し込む(一次審査)
 アドセンスにアクセスしサイトのURL等を入力して申し込む。

4 Googleアドセンス二次審査に申請する
 下の画像の赤枠の中をコピーしてサイトに張り付ける、テーマによって貼る場所が異なる。

「ダイバー」の場合は広告を貼る場所が分かり易く簡単です。

5 審査を通過したメールが届きサイトに広告が表示される

6 収益が1000円に達したら銀行口座を登録する
 収益が発生してからGoogleから連絡が来ます。

自分の趣味や勉強して得た知識をブログにして収入を得よう

テーマやジャンルを限定せず様々なことを書いていく「雑記ブログ」に自分の関心があること興味があることを記事にしていくのが最初は取り入れやすいと思います。

なかなか記事は書けませんが少しずつできたブログから収入があれば嬉しくなって次も書けるようになると思います。

最初はなかなか収入はありませんが長く続けていくことが大事、長く挑戦していくことが重要なのです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事