就職を応援します

【就職活動】就職活動中必見!就職するための知恵袋!

相手を知って就職活動をしよう

就職活動で「書類選考が通らない」「面接が上手くいかない」「どう進めていけばいい」「何をすべき」と迷うことがありませんか。

就職活動には自分と相手(企業など)がいます、当たり前ですが。

まず企業側はより良い人物を採用したいので、書類選考の段階で厳選します。

書類選考されるから、面接できるのは限られた人のみです。

そこで考えることは「企業が会って話を聞いてみたいと思う人」「採用してみたいと思う人物」はどんな人なのか?

何より企業の採用担当者が一番重視している点は
「一緒に働く仲間として信頼できる人なのだろうか?」
「うちの社風に合う人なのだろうか?」
「仕事に前向きに取り組んでくれるのだろうか?」
「取引先と上手くやれるのだろうか?」
などの「人柄」です。

就職活動においては、しっかり準備した人には敵わない。

人柄を応募書類や面接で伝えるためには、事前準備をしっかりやることが重要です。

例えば

  • 自分の長所・短所を自覚しており、自己アピールを過去の事例(エピソード)を交えて伝えられるか。
  • 応募先の企業が何を求めているのかを、求人票やそれ以外の情報からも読み取ることができるか。
  • 「この人に会ってみたい」と思わせる応募書類を作成しているか。
  • 面接の重要性を理解し、最低限の礼法を身に付けているか。

企業が求める人物像を理解し「それは私です」と自信を持って伝えられるように事前準備を十分にしましょう。

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

企業側が求める人物像とは

企業の採用担当者が求めるもの

企業が求めるものを一言で表すのは非常に難しいものです、それは同じ仕事内容でも、それぞれの企業の組織構成や主力として働く年齢層などによっても基準が違ってきます。

業界・職種だけでなく、応募する企業で求められる人物像をしっかり把握することが大切です。

企業が選考にあたって特に重視した点 ベスト5

  1. コミュニケーション能力
  2. 主体性
  3. チャレンジ精神
  4. 協調性
  5. 誠実性

この5つの中でも、特にコミュニケーション能力を重視しているところが特出しています。

やはり人と人が接する会社において最も重要な部分ではないかと思われます。

なぜ企業はコミュニケーション能力に注目するのか

今の社会の状況はPC、スマートフォンなどの普及により伝達手段もメールやSNS等での伝達になり直接会って話す機会が少なくなりました。

これにより相手に自分の気持ちを伝える、また逆に相手の気持ちを読み取るといった「意思の疎通を図る」ことが難しくなりました。

企業内で円滑な関係を築くためには「話す力」「聞く力」をベースにした対話力のアップが重要視される傾向にあります。

フェイス・トゥ・フェイスで社員同士が相互に話し合ったりして共に考え、雑談したりして表情・態度・しぐさなどから、場の雰囲気を読み相手を理解する能力が必要であると企業は考えています。

話す力と聞く力 をつける

「話す力」とは相手に伝えたいことを筋道の通った分かり易い言葉で伝えることです。
「聞く力」とは傾聴している態度を示す、相手が話しやすい雰囲気を作ることができることです。

話しにくい雰囲気を作っていませんか?

相手はどんな人に話しにくいと感じるのか、それは下に書かれているような人です。

  • 話しかけても無視する
  • めんどくさそうな顔をする
  • 手遊びしていている
  • 相槌が軽い

相手がこのような態度をとると不愉快だけど、自分がやっていると相手はもっと不愉快になっています。

聞き上手になってコミュニケーション能力を高める

1 聞く態度・姿勢を考える
 ・体と顔を相手の方へ向かる
 ・時々相手を見る
 ・じろじろ見たり無視したりしない

2 聞くときの表情を考える
 ・リラックスした表情をする(微笑みを浮かべる)
 ・相手の話に合った表情をする 愉快なはなしには笑い、悲しい話には深刻な表情

3 視線を気にしてみよう
 ・目の高さは相手と同じ高さにする、相手を見下ろした位置だと圧迫感を与える。
 ・話し手の目を適度に見る、相手のあごや、のどを見て話しの節目や、相槌を打つ時には相手の目を見る。

4 うなずき、相槌、繰り返しを考える
  「聞き手が真剣に聞いている」「内容を理解している」「気持ちを表す」時に使う
 ・話し手の言葉や内容に応じた言葉を使う
  「ええ」「はい」「なるほど」「そうですね」「本当ですね」
 ・繰り返しは短めにする
  あまり長い言葉での繰り返しは話の中断を招きます。
 例として
  話し手:「昨日は、大きな犬に追いかけられて、本当にびっくりしました」
  聞き手:「びっくりしたんだ」

このような事を理解して聞き上手になる、聞き上手になると少しづつ話し上手にもなっていきます。

採用担当者が評価するポイントとは

採用担当者が応募者のどの部分を見ているのか?

企業により細部は異なりますが、大きく分けて以下の3つを採否の基準としていると言われています

1 人 柄

 ・社会人として最低限のマナーを身に付けているか
 ・人間関係で問題を抱えやすいタイプではないか

2 就業適応能力

 ・社内の人々と協調して仕事ができるか
 ・募集職種に適応する能力はあるか
 ・募集職種の労働条件に耐えられるか

3 業務関係スキル

 ・募集職種に対する意欲の強さはどうか
 ・募集職種に対する知識はどの程度か

採用に当たって経済産業省が提唱する「社会人基礎力(企業が職場で求める能力)」をチェック項目として採用している企業もあるようです、どの様なものか確認しましょう。

就職活動に有利になると思います。

自分の時間を有効に使って収益をアフィリエイトを始めるため基礎知識を

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

社会人としての基礎能力(企業が職場で求める能力)

3つの能力と12の能力要素とは

1 前に踏み出す力(アクション)

一歩前に踏み出し失敗しても粘りずよく取り組む力
 1 主体性:物事に進んで取り組む力
 2 働きかけ力:他人に進んで働きかけ巻き込む力
 3 実行力:目的を設定し確実に行動する力

2 考え抜く力(シンキング)

疑問を持ち考え抜く力
 4 課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力
 5 計画力:課題の分析に向けたプロセスを明らかにし準備する力
 6 創造力:新しい価値を生み出す力

3 チームで働く(チームワーク)

多彩な人々と共に目的に向かって協力する力
 7 発信力:自分の意見を分かり易く伝える力
 8 傾聴力:相手の意見を丁寧に聞く力
 9 柔軟性:意見の違いや立場の違いを理解する力
 10 情報把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
 11 規律性:社会のルールや人々との約束を守る力
 12 ストレスコントロール:ストレスの発生源に対応する力

企業がどのような項目で評価しているのかが少しでも分かればそれに合わせて自分の能力を探して当てはめて面接の質問事項や各種資料作りをやる。

就職活動の事前準備の重要性

家族と話し合い就職の事を考えましょう

就職活動をするにあたり、どのような行動をすればいいのか分からないと思います、準備することを項目ごとに分け、分かり易くして何をすればいいのか見えるようにしましょう。

目標設定と制約条件の確認

  • 目標設定:進みたい業種、職種、雇用形態、勤務時間、休日など
  • 自分を取り巻く環境、自己の健康、体力など
  • 希望する条件と妥協点の確認

行動計画を作成する

行動計画は就職活動に必要な事項だけでなく、自己啓発やリフレッシュ方法なども含めて作成しましょう、できるだけ早く希望業種、希望職種、就労時間などを決めましょう。
これを「計画」→「実行」→「評価」→「改善」のサイクルでチェックしましょう。

自己分析をして自己管理を徹底する

就職活動をする前に、今までの自分自身を振り返り自分自身の事をよく理解しておくことが仕事を探す上で重要なポイントになります。

自己の棚卸しや職務の棚卸し作業をして、自己理解を深め自分の強みや長所・短所を再確認しましょう。

応募書類の作成をする

採用担当官が最初に応募所と接するのが履歴書などの応募書類ですその書類を見て「ぜひ会ってみたい」と思われるような書類を作成しましょう。

応募書類の印象が悪ければ書類選考が突破できず面接には行けません。

履歴書の作成

氏名・住所などの基本情報やどのような経歴の持ち主かを主に見るための書類です。
必ず下書きし誤字・脱字がないように丁寧に書きましょう。
最も重要なのが「志望動機」です仕事を選んだ理由を具体的に記入して自分をアピールしましょう。

職務経歴書の作成

自分の経歴と能力をアピールする書類です、決まった書式はありませんがスタイルとして「編年式」「キャリア式」「合体式」があります。

下の記事で詳しく記事にしています。

添え状の作成

書類を送付する旨を記入したビジネスレターです、書類を提出するときには添付するのが礼儀です。

封 筒

封筒は大きめのサイズにしましょう、あて名は全体的にバランスよく丁寧に書きましょう「応募書類在中」は朱書きで。

面接対応をしっかりとする

就職活動の最終関門が面接です、面接時の質問には十分練習して臨みましょう。
面接では身だしなみやマナーはもちろん態度、表情、しぐさが大きな説得力を持ちます、好印象が得られるように第一印象を意識しましょう。

面接の問答練習
 志望動機:面接で一番のポイントなります、具体的な志望動機をまとめておきましょう。
 自己PR:今までの仕事や人生を通して、具体的な成果などをアピールしましょう。

面接の要領については下の記事を参考にして下さい。

礼状の作成

 礼状を出す場合は、官製はがきや便せんに手書きで送りましょう。
 面接が終了したらすぐに出せるよう準備しておきましょう。

【就職活動】就職活動中必見!就職するための知恵袋!

誰のための就職活動か?

1 求職活動の主役は自分自身であることを肝に銘じましょう。
2 求職活動に入る前に事前準備を十分にすることが大切です。
3 自分自身を知り自分にあった会社、仕事を選びましょう。
4 前向きに努力する人、積極的に行動する人が成功します。
5 思うように進まなくてもあきらめず粘り強く続けることが大切
6 いつまでも適職に付けない人は、今までの求職活動を振り返りましょう。

自分自身が置かれている立場をよく理解することが大事、その結果今までの経験を生かした職業を選択するのか、又は経験のない職業に挑戦するのかを選択しましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事